海外旅行にお勧めのガイドブック一覧まとめ

海外旅行にお勧めのガイドブック一覧まとめ

この記事では、

海外旅行にお勧めのガイドブック

を一覧でまとめています。

書籍名 価格 情報量(P) サイズ 備考
地球の歩き方 1,188~2,160円 200~850 21.0x13.6㎝ ・大定番「地球の歩き方」シリーズ
・情報量の多さが魅力
トラベルデイズ 1,296~1,728円 200~400 20.0x12.0㎝ ・大人の個人旅行向け
・スマホに地図と観光案内を無料ダウンロードできる
ブルーガイド 1,296~1,901円 200~450 21.0x13.6㎝ ・フリータイムの個人旅行向け
・各都市の特徴やアクセス方法を、色分け・星印で評価
るるぶ 977~1,620円 100~250 25.6x20.8㎝ ・写真が多いため、見ているだけで楽しい「るるぶ」シリーズの海外版
・ガイドブックとしてはサイズが大きめ
まっぷる 977~1,296円 100~150 25.6x20.8㎝ ・るるぶとよく似た写真多めのガイドブック。やや内容が「るるぶ」よりもディープ
・スマホアプリ「まっぷるりんく」で書籍をダウンロード可能

ガイドブックのシリーズごとに特徴が違うので、

  • ツアー旅行 or フリー旅行?
  • エコノミーツアー or 高級志向?
  • 定番重視 or 現地ローカル重視?

といった、皆様の海外旅行の目的や用途に応じて選ぶのがお勧めです(^^)

また、出来れば書店に足を運んで自分の目で内容をお確かめください!

海外旅行の日焼け止めはSPFとPAが高いものを選ぶのがお勧め!

WS104562

海外旅行に日焼け止めを持参するなら

SPFとPAが高い日焼け止め

を持参するのがお勧めです。

とりわけ、赤道に近いエリアに位置する

  • グアム
  • ハワイ
  • オーストラリア
  • プーケット
  • サイパン
  • フィリピン
  • 台湾

といったエリアは日差しに含まれる紫外線がかなり強いため、SPFとPAが高い日焼け止めを持参しないと

日焼けによる肌の炎症・火傷

になってしまう可能性があります。

それでは、海外旅行に持参する日焼け止めのSPFとPAの目安はどの程度なのでしょうか?

SPFは紫外線のうち「UVB」のカット量を示す値であり、上記に示すような紫外線の強いエリアを旅行する場合は

SPF50やSPF50+の日焼け止め

を選ぶべきであると言われています。

また、PAは紫外線のうち「UVA」のカット量を示す値であり、紫外線の強い海外のエリアを旅行する際の目安としては

PA+++以上の日焼け止め(+の数が多いほど強力)

を選ぶのが良いとされています。

個人的には、SPF50+かつPA+++以上(PA++++)でありながら化粧下地やファンデーションとしても使えてしまう「澄肌CCクリーム」がお勧めです(^^)

 (公式サイト)澄肌CCクリームはこちら

ただ、上記の製品は高性能ながら価格も高めなので、下記にSPF50以上でPA+++以上の条件を満たす日焼け止めの一覧へのリンクを張っておきます。

 SPF50&PA+++の日焼け止め一覧

ご参考になれば幸いです(^^)

キャッシュパスポートを利用すれば、海外旅行の現地通貨換金が安心&便利&お得に!

キャッシュパスポートを利用すれば、海外旅行の現地通貨換金が安心&便利&お得に!

マスターカードが提供している海外旅行専用のプリペイドサービスである

キャッシュパスポート

を利用すれば、海外旅行でも現地で簡単にATM引き出しを利用することが可能です。

現地換金所のレート&手数料で日本円を現地通貨へ換金するよりもかなりお得な手数料で換金できるため、海外旅行上級者御用達のカードとなっています。

キャッシュパスポートの換金レート

 (公式)キャッシュパスポートの詳細はこちら

安心&お得に海外旅行を楽しみたい方におすすめのプリペイドカードであり、

  • 留学した子供への送金手段
  • 海外出張での経理利用

などの用途でも使える点でも人気の一枚となっています。

旅行にサプリメントを持参するならピルケースが便利!

旅行にサプリメントを持参するならピルケースが便利!

国内・海外の旅行にサプリメントを持参する場合、

ピルケース(薬入れ)

を活用するのが便利でお勧めです。

サプリメントをそのままの容器で持参する場合、

  • スーツケースの中でかさばってしまう
  • サプリメント種類が多いと管理が大変
  • 旅行中にまとめて紛失する可能性がある

といったデメリットがありますが、ピルケースを利用すれば旅行中に飲む分だけをきれいに整理された状態で管理することが出来ます。

なお、ピルケースは用途に応じて様々な種類があるため、飲むサプリメントの量や種類に応じて選ぶのがお勧めです(^^)

 (Amazon)ピルケース一覧をチェック