フランスの世界一美しい村協会認定された「ブブロン村」を観光!

ブブロン村(フランス)

パリからモンサンミッシェルへ向かう途中にある「フランス世界一美しい村協会」に認定された

ブブロン村

に立ち寄り、観光をしました。

WS111260

村の建物をバックに記念撮影!

WS111261

しっかりと道路はあり、車は通ります。

ただ、車の通行はほとんどない本当にのどかな村でした。

ブブロン村の風景

WS111263

ぽかぽか陽気でした。ちょっとした小道もいい感じ(^^)

WS111264

徒歩でぐるっと村内を観光しました。

WS111267

とてもゆったりした気持ちになれる村です。

WS111268

まさに「ヨーロッパ」って感じの味わいのある建物が並びます。

レンガ造りの建物(ブブロン村)

レンガとか木の雰囲気がとても素敵。

ブブロン村のお菓子屋さんの行列

ブブロン村にはとても美味しいお菓子屋さんがあるというので、そのお店に並ぶ。

ブブロン村のお菓子屋さん

美味しそうなお菓子が並んでいました(^q^)

ブブロン(ブブロン村の名物お菓子)

村の名前を冠した名物菓子「ブブロン」をゲット!

クレープ生地にカスタードクリームと名産のリンゴが入ったスイーツで絶品でした(^q^)

WS111270

名産のシードル(りんご酒)などもお土産にゲット!

りんご博物館(ブブロン村)

こちらはブブロン村のりんご博物館。

WS111272

一時間ちょっとの短い滞在でしたが、十分に楽しめました(^^)

パリからモンサンミッシェルへ向かう道の途中にある村なので、モンサンミッシェルツアーに組み込むのも大変おすすめです!

 最安値保証のオプショナルツアー「VELTRA」

次の記事ではいよいよ世界遺産「モンサンミッシェル」の旅行記について書きます(^^)

モンサンミッシェルの遠景

 フランス・パリ&モンサンミッシェル旅行記のまとめ記事はこちら

バスにのって世界遺産「モンサンミッシェル」を目指す!

WS111245

モンサンミッシェルへのバスツアーへ出発する前にホテルにて撮影。

早朝のバスツアーだったので、前日はかなり早く寝て早起きし準備を済ませました。

フラッシュでいい感じに顔が隠せました(^^)

WS111246

準備を済ませて落ち着いた状態で写真撮影!

旅行の日とかイベントごとにはばっちり起きられる人間なので、かなり早めに準備を済ませられました(^^)

WS111247

モンサンミッシェルバスツアーの集合場所に到着。

早朝だったので、まだ周囲は真っ暗です。

なお、モンサンミッシェル・バスツアーは下記のサイトにて最安値保証で予約しました(^^)

 世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

WS111248

赤と青で鮮やかにライトアップされた噴水を撮影。

WS111251

外はけっこう寒かったので、カフェにて時間つぶし。

とてもお洒落な店内。

WS111250

コーヒーが美味しかった。

WS111252

フランスパンのサンドイッチが美味い!

やはりフランスのパンはとてもレベルが高かったです(^^)

WS111253

場面は一気に飛んでバスの車内です。(バスが到着してからは色々はしゃいでて写真を撮り損ねましたw)

すでに日がしっかり昇っています。朝が早かったので、みんな車内にて睡眠中(^^)

WS111254

パーキングエリアっぽいところで小休止。お土産や軽食なども売っていました。

WS111255

フランスのパーキングエリアにて見つけたレッドブルのタブレットを撮影。

日本では見かけないものなので、買っておけば良かったなー。

ブブロン村(フランス)

目的地はモンサンミッシェルですが、その前にフランスの「世界一美しい村協会」に認定されている

ブブロン村

に立ち寄りました。

ブブロン村の小川

バスを降りてすぐのところに小川が流れていました。とてものどかな雰囲気の村です。

次の記事ではこの「ブブロン村」観光をレポします!

 フランス・パリ&モンサンミッシェル旅行記のまとめ記事はこちら

フランス旅行の大定番「ルーブル美術館」を観光!

フランスの寿司

ホテルに荷物を置き、フランス旅行の大定番

ルーブル美術館

へ向かうことにしました。上の写真はルーブル美術館に向かう途中で食べたお寿司です。

フランスで食べた寿司

これで6ユーロ。日本と比べるとコスパはかなり悪かったですが、日本食が早くも恋しくなっていたため飛びついちゃいました(^^)

WS111160

ルーブル美術館まであとすこし。

WS111161

ルーブル美術館到着!フランス語だと、「MUSEE DU LOUVRE」って書くんですね。

ルーブル美術館の外観

ルーブル美術館の外観。

写真で見たことある風景だったのでテンションが上がる。

WS111163

長い歴史を感じさせるイデタチです(^^)

ルーブル美術館の透明ピラミッド

有名な透明ピラミッドの前で写真撮影。

WS111165

両手を頭の上であわせてピラミッドを表現!

WS111166

笑顔で撮影!

WS111167

入館前くらいからやや空模様が怪しくなってきました。

WS111168

ルーブル美術館をバックに撮影!

WS111169

周囲には噴水などもあります。

ルーブル美術館の周囲で遊んでいる子供もたくさんいました。

WS111170

飲食禁止の看板も芸術的。

WS111171

ルーブル美術館の館内へ。

入り口付近のエリアはかなりモダンな感じです。

WS111172

館内は人でごったがえしています。さすがルーブル美術館!

WS111173

色々な展示物を見て周りました。

WS111174

WS111175

展示物だけでなく、それらを飾るための内装にもこだわりを感じます。

サモトラケのニケ(ルーブル美術館)

有名な「サモトラケのニケ」です!

かなり高い場所に展示されていました。

WS111177

WS111178

WS111179

WS111180

WS111181

WS111182

彫刻に絵画に、大小さまざまな展示品が飾られています。

モナリザ(ルーブル美術館)

・・・・これは!

モナ・リザ(ルーブル美術館)

まさに「誰でも知っている」絵画「モナ・リザ」がありました。

さすがに周囲は人だかりになっており、近づくだけでも一苦労でした(^^;)

警備も超厳重です!さすが!

WS111185

WS111186

WS111187

絵画の「戴冠式」を真似したポーズにて撮影。

WS111188

ワーオ。

WS111189

二階フロアの窓から広場を撮影。芝生の手入れも行き届いていますね(^^)

上が丸い変型キャンバスに描かれた大迫力の絵画

上が丸い変型キャンバスに描かれた大迫力の絵画です。

美しい白人の少女を描いた絵画

美しい白人の少女を描いた絵画。まるで本物のようなリアリティがありました。

WS111192

WS111193

WS111194

WS111195

貴族の宮殿のようなエリア。こんな所に住んだら落ち着かないなあ(^^;)

WS111196

軍隊における凄い重要な立場についていそうな人の絵画。

WS111197

サモトラケのニケ

再び「ニケ」の像を撮影。

WS111199

ねこ(=^ω^=)

WS111201

疲れたのでひと休み。

ルーブル美術館はとても広いので適度な休憩が必要です。

だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー

だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー(クルッ)

WS111214

すぐ近くまで来ていました。

WS111203

スフィンクスを撮影!

WS111204

天使に魅了された女性の彫刻かな。

WS111205

お城の模型。

そして、・・・・

 

ミロのヴィーナス(ルーブル美術館)

ミロのヴィーナスを撮影!!

周囲はさすがの人だかり。やはり他の像と比べると特別な魅力があるように感じました。

WS111207

天使のポーズを真似して撮影(^^)

WS111208

物凄い肉体美!

WS111209 WS111210

真似!

WS111211

ライオン(=^ω^=)

WS111212

最後の晩餐っぽい絵画。

WS111213

WS111216

WS111217

WS111218

最後はポーズ真似4連発!

とても楽しいルーブル美術館見学でした(^^)

 フランス旅行記のまとめ記事はこちら

ユーロスターにてイギリスからフランスへ!

ロンドンの地下鉄

イギリス・ロンドン観光を終え、2日間お世話になったホテル「アポロ」のチェックアウトを済ませて地下鉄を乗り継いでユーロスターの停車駅を目指しました。

イギリスの地下鉄の雰囲気が素敵だった。

WS111144

レンガ造りのホームも素敵です。

WS111145

ユーロスターの停車駅に到着。

改札は日本とあまり変わりませんね。

ただ、イギリスの場合は通り抜け防止の改札ドアがやや大きめでした。

WS111146

ユーロスターの停車駅は、さすがに国と国の間を結ぶ列車の発着が行われるだけあって豪華で近代的な造りになっていました。屋根が凄く高い。

WS111147

ホームの横にはカフェや売店もたくさんあり、発車までの時間潰しにも困りませんでした。

WS111148

友人が売店で美味しそうなクロワッサンを調達して来ました。

WS111149

大きく口を開け、

WS111150

豪快にかぶりつきます。

うまそう(^q^)

WS111151

マカロンも買って食べていました(^q^)

朝ごはんを食べ過ぎてしまったことをめちゃくちゃ後悔しました。

WS111152

電子インフォメーションボードなどもあり、困ったときも安心。

WS111153

予約のユーロスターが到着したので、いよいよ乗り込みます。

WS111154

車体にはしっかりと「EURO STAR(ユーロスター)」の文字が。

WS111155

連日の観光で疲れていた上に早起きだったので、友人からもらった蒸気が出るアイマスクを装着して眠りに付きました。

WS111156

寝ている間にフランス到着!乗っちゃえばすぐですね(^^)

とりあえずは荷物をホテルに置きに行きました。

WS111157

同じヨーロッパなのでそれほど町並みに違いはありませんが、どちらかというと
フランスのほうがより上品な印象を受けました。

 イギリス・フランス旅行記のまとめ記事はこちら