ロンドンの大英博物館にて美術品観光!

WS110859

朝のお散歩&朝食を食べて落ち着いたら、徒歩で大英博物館へ向かいました。

ロンドンの赤レンガの町並みが美しいです(^^)

WS110860

大英博物館に到着し、博物館前で記念撮影。

神殿風のとても立派な建物です。さすがは天下の大英博物館!

WS110861

かなり早い時間に到着したので、まだ人はあまり多くなかったです。

WS110862

撮影者を変更してもう一枚撮影。

WS110863

WS110864

WS110865

大英博物館の外観を撮影。

WS110866

大英博物館の中へ。天井がなんかすごい!

WS110867

ロビーのエリアにライオンが居ました(=^ω^=)

WS110868

とりあえず館内をぶらぶら。

WS110869

このときはアフガニスタン展が展示の目玉でした。

WS110870

途中で「ライオンに恐れおののく」みたいな寸劇をはさみました(=^ω^=)

WS110871

オベリスクを発見。

WS110872

石版の神官(?)と同じポーズで記念撮影。

WS110873

トーテムポールを2段増やしてみました(^^)

WS110874

イースター島のモアイです。

大英博物館は世界各国の芸術が入り混じったユニバーサルな雰囲気が特徴です。

WS110875

モアイは巨大!近くで撮影すると大迫力!

WS110876

大英博物館には日本の展示エリアもあるようです。

WS110877

キヤノンのロゴが入ったカメラ。

横幅1m以上ありそうな巨大なものでした。どうやって使うんだろう?(^^)

WS110878

エジプトのファラオ(王)の棺のようです。

エジプトっぽい石像。

エジプトっぽい石像。

エジプトっぽい石像その2。

エジプトっぽい石像その2。

スフィンクスと神官をモチーフにした像かな?

スフィンクスと神官をモチーフにした像かな?

オベリスク(大英博物館)

またもオベリスク。古代文字(ヒエラティック・テキスト)が刻まれています。

特徴的な鳥の石像

特徴的な鳥の石像を発見!

WS110884

これはチャンスと思い、顔真似をしてみました(^Θ^)

猫の像(大英博物館)

ねこたん(=^ω^=)

WS110886

左右に石版が展示された通路です。

WS110887

精悍な顔立ちのスフィンクス像があったので、これはチャンス(?)と思い顔真似をしてみました。

WS110888

古代の闘争をモチーフにした石版のようです。

水浴びをする女性の彫刻(大英博物館)

水浴びをする女性の彫刻かな?

WS110890

ポーズ真似。

芸術に疎いので、面白いものを探すことに集中していました(^^;)

WS110891

偉人たちの像に混じって。

WS110892

ライオン発見!(=^ω^=)

WS110893

石像の首は構造的に弱いのか、完璧な状態のものは多くありませんでした。

WS110894

どちらも決定打にかける感じの石像です。

WS110895

腰の入っていないパンチではミノタウルスには通用しません。

ただ、ミノタウロスも髪をつかんだは良いものの決定打を与える手段がありません。

WS110896

金色の装飾品の展示。

WS110897

ライオン(トラ?)が居ました(=^ω^=)

WS110898

前側に回ると凄い迫力!(=^ω^=)

さすがは百獣の王です!

WS110899

またもライオン。(=^ω^=)

こちらは悠然と構えています。

WS110900

こんなときでも株価のチェックは欠かしません(嘘)

WS110901

校長先生っぽいエジプトの像です。

特徴的な顔の鳥の像(大英博物館)

特徴的な顔の鳥の像を発見!

WS110903

もちろん、これはチャンス(?)と思い顔真似をしました(^Θ^)

世界一危険なイス(大英博物館)

銃でできた「世界一危険なイス」。

WS110905

賢そうなスフィンクスです。

「汝に問う。朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。これは何だ?」

はスフィンクスに関連する有名な謎かけですね。

WS110906

人間「もうやるんじゃないぞ!」

牛「ハイー。モーしませーん。」

WS110907

日本っぽい古銭を発見!

美しいからくり時計(大英博物館)

美しいからくり時計。

長尺の装飾銃(大英博物館)

長尺の装飾銃です。

WS110910

「先生にはもう付いていけません!」「え、困るよ」

大英博物館の外観(ロンドン)

というわけで大英博物館をめぐりました。

出る頃にはいい時間帯になってかなり人も増えていました(^^)

本当にインターナショナルで楽しい博物館でしたよ!

 イギリス旅行記のまとめ記事はこちら

ロンドンの朝の公園をお散歩

WS110838

ロンドンの朝は早くに目が覚めたので、ホテルの近くの公園にお散歩に出かけました。

WS110839

公園の地図の前で記念撮影。

めっちゃ広い公園でした。

WS110840

WS110841

公園内の池でアヒルに遭遇。

寒い冬の池でしたが、そんなことを感じさせずすいすいと泳いでいました。

WS110842

WS110843

早朝の公園は人もほとんどおらずとても静かです。

WS110844

アヒルを撮影中の友人を撮影(^^)

WS110845

寒さに負けずガッツポーズ。

WS110846

あんまり近づくとアヒルは逃げてしまいます。

エサでもあげれば逆に近づいてきてくれるんでしょうねー(^^)

WS110847

騎兵の像を見つけたので真似をしてみました(笑)

馬役が私です。

WS110848

真下から撮影すると、踏み潰されそうな迫力があります!

WS110849

結構な大きさの像でした。

WS110850

延々と続く道。

本当に大きな公園でした。

天気の良い昼間にのんびりしたら気持ちよさそう。

WS110851

歩いた先でカッコいい建物を見つけてテンションがあがりました(^^)

WS110852

歩いて

WS110853

歩いて

WS110854

到着!

きらびやかな装飾に加えてサイズも大きく、とても迫力のある建築物でした。

WS110855

建物近くにあった彫刻も造形が細かく立派なものでした。

WS110856

こういうヨーロッパ的な建築物ものを見ると、海外旅行中であることを強く感じてテンションがあがります(^^)

WS110857

ホテルへの帰宅途中に外壁が美しいドーム型の建物も発見。

早朝だったんでスルーしましたが、博物館とかだったのかな?

WS110858

ホテルに帰って簡単な朝食をとりました。

パン、ジャム、卵といったごく普通の朝食でしたが、お散歩帰りだったので美味しかったです(^^)

 イギリス旅行記のまとめ記事はこちら

ロンドンに到着!夜のピカデリーサーカスを散策!

WS110811

なんやかんやで無事、ロンドン空港に到着しました!

ヒースロー空港ではナポレオンっぽい人もお出迎えしてくれています(^^)

WS110812

ロンドンの地下鉄の駅にて撮影。ホテル最寄り駅への電車を待ちます。

ロンドンの地下鉄はとてもお洒落でした。

WS110813

最寄り駅に到着し、ホテル探し中。

町並みや電話ボックスがいかにもロンドンって感じですね(^^)

WS110814

少々迷いつつも無事宿泊ホテルに到着。

「アポロ」というホテルで、ロビーのお兄さんがめっちゃガタイ良かったです(^^)

WS110815

ふたたびセクシーショット(誰得)

WS110816

ホテル「アポロ」の前で一枚。

WS110817

アポロの目の前のホテル。より豪華な雰囲気でした。

WS110818

電車を乗り継いでロンドンの中心街(ピカデリーサーカス)へ繰り出しました。

日本のメーカーも人気があるようで嬉しかったです。

WS110819

まずは腹ごしらえ。

ただ、やはりロンドンのご飯は噂どおりあまり美味しくなかったかなー。

もちろん「食べられない」って程ではないですけどね(^^;)

WS110820

自分はカレーを注文。

タイ米が苦手なので、ご飯はほとんど残してしまいました。。。

WS110821

ピカデリーサーカスにおける「ハチ公」的なポジションの像を撮影。

待ち合わせ場所にぴったりです。

WS110822

ピカデリーサーカスを散策します。

外国の町並みはそれだけで絵になるから素晴らしいですね(外国の人も日本に来たらそんな気分になるのかな?)。

WS110823

WS110824

ピカデリーサーカスのシンボル像の前でポーズを決めて記念撮影。

WS110825

ピカデリーサーカスの町並みを撮影。

白い建物が夜の闇に映えます。

WS110826

WS110827

上手く説明できないんですが、こういう感じの町並み、とても好きです。

なんていうか、美しい。

WS110828

ロンドンではアジア系電機メーカーの人気が高いようです。

WS110829

イギリス名物のダブルデッカー(二階建て)バスと並んで撮影。

旅行中ダブルデッカーバスには乗りませんでしたが、一回くらい乗っとけばよかったかなー。

WS110830

WS110831

ロンドンの美しい町並みを撮影。

闇夜のロンドンに白い建物やきらびやかなイルミネーションが本当に良く映えていました。

WS110832

めちゃめちゃ身長が高い人の像の前で記念写真。

実在した人の像なんでしょうかねー?詳細は調べても良く分かりませんでした(^^;)

 イギリス旅行記のまとめ記事はこちら