スマホを格安SIMに変えたら年に1回海外旅行に行けるくらいの節約になった!

スマホを格安SIMに変えたら年に1回海外旅行に行けるくらいの節約になった!

今使っているドコモのスマホをmineoの「格安SIM」に変えたところ、年に1回海外旅行に行けちゃうくらいの節約になりました(^^)

 格安スマホ「mineo」はこちら

利用しているスマホがドコモやauならば

  1. 番号ポータビリティ契約移行の手続き(今の電話番号を継続して使いたい場合)
  2. mineo(マイネオ)との契約
  3. SIMの入れ替え&簡単操作

といったわずかな手順で電話番号そのままに格安SIMに移行できちゃうのが物凄い魅力的です!

自分は10GB&携帯電話番号(090)使用可能のプランにしましたが、それでも月額はたったの3220円とかなり割安で、年間で見れば6万円以上の節約になっちゃいました(^^)

節約できた携帯電話料金で海外旅行行きます!

ハワイ旅行のドルを手数料最安値で用意するために外貨両替口座に申し込んでみた!手順を説明!

WS118279

今回のハワイ旅行は海外結婚式を目的としているため、数十万円単位の円をドルに換金します。

そうなると両替手数料も数万円クラスになってしまい、バカにならないということで安く両替する手段を探したところ、

マネーパートナーズの外貨両替

を使えば手数料最安値で外貨両替できるできることを知り、早速申し込んでみました。

ちょっと手間取るところもあったので、この記事にて口座開設の手順を紹介します(^^)

 (公式)マネーパートナーズはこちら

まず、上記リンクから飛んだ先の公式サイトにて

WS118262

の「口座を開設する」のボタンをクリックします。すると、下記のようなポップアップが開くので、個人情報を入力していきます。

WS118263

WS118264

すべての個人情報の入力を終えたら、「確認画面」のボタンをクリックしましょう。すると、下記のような「確認画面」が開くので、内容をしっかりと確認した上で「この内容で申し込む」をクリックしましょう。

WS118274

WS118275

すると、下記のような本人確認書類をアップロードする画面に移動します。

私はマイナンバーカードと免許証の写真をアップロードしました。

WS118267

WS118276 WS118277 WS118278

上記画面にて「アップロード」をクリックすると、申し込みが完了し設定したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

WS118272

あとは、郵送で「口座開設通知書」が届くのを待って、その中に記載されている

  • 口座番号
  • パスワード

にてログインし、外貨両替が可能になるようです。

数十万円単位の両替の場合、2~3万円くらい手数料がお得になるようなので、かなり助かりますね(^^)

また、換金したドルを成田や羽田などの空港で受け取れちゃうサービスもかなり便利そうです!

 (公式)マネーパートナーズはこちら

海外旅行のお勧め持ち物一覧チェックリスト

海外旅行のお勧め持ち物一覧チェックリスト

  持ち物 コメント 重要度
スーツケース バックパッカーでもない限りほぼ必須です  (必須)
変換プラグ 国ごとに形状が異なる点にご注意ください  (あると便利)
変圧器 変圧が必要な機器を持参する場合は必要  (場合による)
タコ足ケーブル 充電が必要な電子機器をたくさん持参するならば便利  (場合による)
衣類 渡航日数や旅行のスタイルに合わせて量を調節する  (必須)
ビニール袋 汚れた衣類を分けたり、小物を分類するなど用途は多い  (あると便利)
水着 泳ぐ可能性があるならば  (場合による)
ビーチサンダル ビーチなどに行く可能性があるならば  (場合による)
浮き輪 泳ぐ可能性があるならば  (場合による)
海外Wifiルータ 海外でもスマホを好きなだけ使いたいなら  (あると便利)
クレジットカード 海外旅行ならばほぼ必須。2枚持ちがベター  (必須)
現金(渡航先のお金) エリアによってはクレジットカードが使えないエリアもあるため、多少の現金は必要  (必須)
現金(日本円) 自宅から空港までの交通費や換金用に  (必須)
航空チケット 忘れたら旅行が台無しです。最近は電子版のeチケットが主流です。  (必須)
オプショナルツアー申込書 オプショナルツアーに申し込んでいるなら必須です。  (場合による)
国際免許 海外でレンタカーなど車を運転する場合は必須  (場合による)
カメラ 写真撮影を絶対にしない方でないならば。スマホ等で代用可。  (必須)
飛行機内や乗り継ぎでの時間つぶしに。ガイドブックなどもお勧め  (あると便利)
飛行機内快適グッズ 飛行機内で快適に過ごしたいなら  (あると便利)
お風呂グッズ 現地ホテルにない場合やこだわりのシャンプー等があるなら必須  (あると便利)
雨具 雨季の時期にいくならばほぼ必須  (あると便利)
懐中電灯 夜間や早朝のツアーに参加する場合はあると便利  (場合による)
虫除けグッズ 虫が多いエリアに行くならほぼ必須。携帯できるタイプの虫除けグッズがお勧め  (あると便利)
日焼け止め 赤道に近く日差しが強いエリアではほぼ必須  (あると便利)
サングラス 日差しの強いエリアに行くなら  (場合による)
日程表 旅のスケジュールを守りたいなら  (あると便利)
財布 旅行用の財布を用意しておくと日本円と混ざらずに済むので便利です。  (あると便利)
パソコン 旅行先でもPC作業をしたいなら  (場合による)
携帯電話・スマホ いざというときの連絡手段。事前に海外Wifiルータを契約しておくと日本と同じ感覚で使えて便利  (必須)
お役立ちアプリ スマホに事前に入れておくと便利なものを必要に応じて  (あると便利)
携帯充電器 携帯電話やスマホを持参するならば  (必須)
海外旅行保険の証明書 海外旅行保険(渡航保険)に加入したならば必須。持参しないと意味がありません  (場合による)
トラベラーズチェック トラベラーズチェックを使うなら  (場合による)
キャッシュパスポート キャッシュパスポートを使うなら  (場合による)
マネパカード 海外でよりお得にショッピングを楽しみたいなら  (場合による)
パスポート 忘れてはいけないし、決して無くしてはいけない  (必須)
パスポートのコピー パスポートを紛失した際に、帰国するための書類を作るために必要  (あると便利)
薬類 心配な症状のものを必要に応じて(常備薬一覧まとめ)  (あると便利)
絆創膏、包帯、消毒 万が一怪我をした際に  (あると便利)
サプリメント 普段から飲んでいるサプリメントがあるなら。ピルケースを活用するとかさばらずに便利です。  (場合による)
携帯できる日本食 長期の旅行で日本食が恋しくなると予想されるなら  (場合による)
目覚まし時計 起床に自信が無い、早朝ツアーがある場合など。スマホ等で代用可  (場合による)
筆記用具 出入国カードを書いたり、ちょっとしたメモをとるなど  (あると便利)
メモ帳 ちょっとしたメモをとるなど  (あると便利)
身だしなみグッズ 愛用のものを必要に応じて  (あると便利)
洗剤 渡航先でも衣類を洗濯するなら  (場合による)
洗濯ひも 渡航先でも衣類を洗濯するなら  (場合による)
衣類圧縮袋 使用済みの衣類などをコンパクトに整理できる  (あると便利)
ゲーム類 飛行機内や乗り継ぎでの時間つぶしに  (あると便利)
会話帳 渡航先で現地の人と現地語でコミュニケーションをとりたいなら。指さし会話帳もお勧め  (あると便利)
自撮り棒 自撮りしたいなら  (場合による)
登山靴 山などの足場が悪いエリアを観光するなら  (場合による)
十徳ナイフ いざというときに  (あると便利)
ペットボトルケース 観光でよく買うことになるペットボトルの収納に  (あると便利)
水筒 水がぬるくなりづらい魔法瓶のものが便利  (あると便利)
音楽プレイヤー 旅行先でも好きな音楽を楽しみたいなら。スマホ等で代用可  (場合による)
イヤホン 音楽を聴いたり、飛行機内でお気に入りのイヤホンを使いたい場合など  (場合による)
コンタクトレンズ コンタクトユーザーなら。メガネの方でもダイビングやシュノーケリングをするなら。ワンデーの使い捨てコンタクトがお勧め  (場合による)
タオル類 大量吸湿速乾のものがベター。バスタオルはかさばる点に注意  (あると便利)
正装 高級レストラン等のドレスコードがある施設を利用するなら  (場合による)
スポーツドリンク粉末 暑いエリアでは水よりもスポーツドリンクが熱中症対策になる  (場合による)
カイロ 寒いエリアに行くなら  (場合による)
マフラー 寒いエリアに行くなら  (場合による)
手袋 寒いエリアに行くなら  (場合による)
はらまき 寒いエリアに行くなら。冷えでおなかを壊しやすいなら  (場合による)
双眼鏡 バードウォッチング、スポーツ観戦、サファリ等で役に立つ  (場合による)
盗難防止チェーン 財布やカードケースなどにつけてスリ対策に  (あると便利)
マスク 飛行機内の乾燥対策や風邪予防など  (あると便利)
ジップロック 食べ物を持ち帰りたい場合など  (あると便利)
帽子 日差しが強いエリアでの熱中症対策  (あると便利)

海外旅行に双眼鏡やオペラグラスは必要か?

海外旅行で役立つ双眼鏡・オペラグラス

海外旅行に行く際に

双眼鏡やオペラグラス

を持参する必要がある場合と無い場合について紹介します。

まず、双眼鏡やオペラグラスを持参するのをお勧めする場合ですが、

  • 美術館や博物館で展示品を詳細に見たい
  • 旅行先でスポーツ観戦をする予定がある

といった場合には双眼鏡やオペラグラスが役立つ場合が多いです。

一方で、上記のような予定が無い場合や

「旅行に持参する荷物は極力減らしたい」

といった場合には、双眼鏡やオペラグラスは「無くても困らない」ものであるため、特別持参する必要は無いでしょう。

ご参考になれば幸いです。

 (お勧め!)NASHICA 双眼鏡