世界遺産モンサンミッシェルを観光!(前編 昼間)

WS111275

モンサンミッシェルが目前に迫っている状態でしたが、すでに12時を回っていたので対岸のレストランにてお昼ご飯を食べました。

WS111276

朝ごはんもあまり食べませんでしたし、バスでの長旅で疲れていたので食事に集中です。

WS111277

とてもシンプルなニンジンのサラダ。

シンプルながらさっぱりと美味しかったです。とてもヘルシー。

WS111278

食前酒としてリンゴのお酒「シードル」が振舞われました。

アルコール度数が低いお酒でとても飲みやすく美味しかったです。

WS111279

ポテトフライの盛り合わせ。

これは普通のポテトフライでした。

モンサンミッシェルのオムレツ

卵白たっぷりのふわっふわオムレツです。

モンサンミッシェル名物の「メールプラール」のオムレツに雰囲気そっくりで味も中々のものでした(^^)

日本人は醤油やケチャップ、マヨネーズを持参すると良いらしいですね。

WS111282

デザートはアイスクリーム付きのアップルパイでした。

WS111281

WS111283

あったか冷たく、甘みも程よく絶品でした!

WS111284

食事を終え、ついにモンサンミッシェルに上陸します!

モンサンミッシェルのすぐ近く

モンサンミッシェルのすぐ近くまでやってきました。

モンサンミッシェルのミカエル像

尖塔のてっぺんには黄金のミカエル像がたたずんでいます。

WS111287

横は断崖絶壁になっており、正規ルートでないと頂上まで行くことはできなくなっています。

モンサンミッシェルの正門

モンサンミッシェルの正門をくぐり、頂上を目指します(^^)

WS111289

門をくぐると、中にはお土産物屋さんやレストラン、博物館などがありとても賑やかな雰囲気。

観光客の方々もたくさんいました(^^)

メールプラール(モンサンミッシェル)

ラ・メールプラー(モンサンミッシェル)

有名な「メールプラール」のレストランを撮影!

そういえば、日本にもふわふわオムレツが食べられるメールプラールの支店があるそうですね(^^)

メールプラールのお土産屋(モンサンミッシェル)

メールプラールはモンサンミッシェル内で多数のお土産物屋さんも経営されているそうです。

バスガイドのお姉さんいわく、「メールプラールに嫁げば一生不自由なく暮らせる」とのこと(^^)

モンサンミッシェルの小道

てっぺんに早く行けるショートカットを使いました。

めっちゃ細い道で、ガイドさんが居なければ気づかないなあ。

WS111294

めっちゃ細い道を通過している途中でモンサンミッシェルを撮影。

WS111295

WS111296

体格が良すぎると通れなそうですね。

標準的な体型でもけっこうぎりぎりの道幅でした。

モンサンミッシェル教会の入り口

モンサンミッシェルの教会入り口付近までたどり着きました。

WS111298

頂上まではそこそこ歩きますが、途中に色々なお店があるのであまり長い道のりには感じないです。

WS111299

モンサンミッシェルの頂上へと続く階段を登ります。

WS111300

頂上が間近に見えてきました(^^)

WS111301 WS111302 WS111303 WS111304

途中に展示されていたモンサンミッシェルの建築過程を表現した模型を撮影。

WS111305

通常の観光で立ち入れるいちばん高い場所までやってきました。

見晴らしが最高!

WS111306

テンションが上がりますw

WS111307

下を眺めるとかなりの高さ。

WS111308

周囲には満潮時には海になってしまう泥の浜が広がっています。

この泥の浜は底なし沼のようになっていて、一度足を取られてしまうとヘリコプターで
救助される羽目になるとか(^^;)

WS111309

壁際にて撮影。

親指立てポーズを決めています(^^)

WS111310

なかよし。

WS111311

入り口ではあんなに小さく見えた尖塔も、肉眼でかなり間近に見える距離です。

ただ、尖塔は修道士さん達の居住区のため通常の観光で入ることは許されません。

WS111312

結構な高さ!はしゃぎすぎると危なそうです(^^;)

モンサンミッシェルの建物内

モンサンミッシェルの建物内を撮影!

中世のお城のような大変荘厳な雰囲気があります。

WS111314

ちょっとわき道でのんびりしていたら置いていかれかけました。

モンサンミッシェルの中庭

モンサンミッシェルの中庭。

とても良く手入れが行き届いています(^^)

WS111316

とても整然としていて目を奪われる空間です。

WS111317

階段の雰囲気も本当にお城の中のよう。

さながらゲームやSFの世界に迷い込んだ感覚に浸れます。

WS111318

天使様を描いたであろう壁画。

おそらくはモンサンミッシェルの守り神である「大天使ミカエル」の壁画でしょう。

恐れおののいているのは、ミカエルから「モンサンミッシェルを建造せよ」という啓示を受けたという神父様かな?

WS111319

柱やドーム上の建築が規則的に並んだ大変美しいホールのような場所。

WS111320

見つかっちゃった!テヘ!みたいな小芝居をはさみました(^^)

WS111321

モンサンミッシェルから降りて居住区エリアに戻りました。

モンサンミッシェルの居住区には、自然が多い公園のような空間もあります。

WS111322

今回は対岸のホテルに宿泊しましたが、もし次にモンサンミッシェルに行ける機会があったら島内のホテルに宿泊したいなあ(^^)

WS111323

居住区から再度モンサンミッシェルの尖塔を撮影。

ドコから撮っても絵になります(^^)

WS111325

メールプラール特製の銅製のフライパンを撮影。

火の通り方が違うのだとか。

WS111326

モンサンミッシェルの周辺探索もしてみました。

WS111327

モンサンミッシェルの周囲には、侵入者を拒むかのような高い壁が築かれています。

WS111328

カモメを発見!

WS111329

モンサンミッシェルの裏側は岩壁になっていました。

WS111330

つがいのカモメを発見(^^)

WS111331

モンサンミッシェルの裏側には、水平線が見えるほどただただ海が広がっていました。

この風景も素敵だったなー(^^)

WS111332

「これ以上行ってはいけない」を示すタイヤ(だったかな?)の上に立って写真撮影。

WS111333

ヨーイ。

WS111334

ドン!

WS111335

ゴール!!

私は完全に出遅れました(^^;)

モンサンミッシェルでの記念撮影

二人並んで、モンサンミッシェルをバックに写真撮影!

上に突き上げた両手でモンサンミッシェルを表現しました(^^)

モンサンミッシェルでの集合写真

バスガイドのお姉さんにお願いして、4人全員でならんでモンサンミッシェルとともに写真撮影!

この写真は超お気に入りです(^^)

WS111338

せっかくなので、何枚か一枚撮影してもらいました(^^)

WS111339

歩いて対岸のホテルまで戻りました。

時間がたって夜になると、このエリアは満潮により水に飲まれて人が歩けなくなります。

青い空・ヒコーキ雲・モンサンミッシェル

青い空・ヒコーキ雲・モンサンミッシェル。

いい天気で本当に良かった(^^)

どんどん小さくなるモンサンミッシェル。

どんどん小さくなるモンサンミッシェル。

モンサンミッシェルの対岸

対岸までたどり着きました。

次の記事では夜のライトアップされたモンサンミッシェルを紹介します!

 フランス・パリ&モンサンミッシェル旅行記のまとめ記事はこちら

フランスの世界一美しい村協会認定された「ブブロン村」を観光!

ブブロン村(フランス)

パリからモンサンミッシェルへ向かう途中にある「フランス世界一美しい村協会」に認定された

ブブロン村

に立ち寄り、観光をしました。

WS111260

村の建物をバックに記念撮影!

WS111261

しっかりと道路はあり、車は通ります。

ただ、車の通行はほとんどない本当にのどかな村でした。

ブブロン村の風景

WS111263

ぽかぽか陽気でした。ちょっとした小道もいい感じ(^^)

WS111264

徒歩でぐるっと村内を観光しました。

WS111267

とてもゆったりした気持ちになれる村です。

WS111268

まさに「ヨーロッパ」って感じの味わいのある建物が並びます。

レンガ造りの建物(ブブロン村)

レンガとか木の雰囲気がとても素敵。

ブブロン村のお菓子屋さんの行列

ブブロン村にはとても美味しいお菓子屋さんがあるというので、そのお店に並ぶ。

ブブロン村のお菓子屋さん

美味しそうなお菓子が並んでいました(^q^)

ブブロン(ブブロン村の名物お菓子)

村の名前を冠した名物菓子「ブブロン」をゲット!

クレープ生地にカスタードクリームと名産のリンゴが入ったスイーツで絶品でした(^q^)

WS111270

名産のシードル(りんご酒)などもお土産にゲット!

りんご博物館(ブブロン村)

こちらはブブロン村のりんご博物館。

WS111272

一時間ちょっとの短い滞在でしたが、十分に楽しめました(^^)

パリからモンサンミッシェルへ向かう道の途中にある村なので、モンサンミッシェルツアーに組み込むのも大変おすすめです!

 最安値保証のオプショナルツアー「VELTRA」

次の記事ではいよいよ世界遺産「モンサンミッシェル」の旅行記について書きます(^^)

モンサンミッシェルの遠景

 フランス・パリ&モンサンミッシェル旅行記のまとめ記事はこちら

フレンチレストランで食事をし、夜のエッフェル塔観光へ!

WS111219

ルーブル美術館見学を終え、外に出ると軽く雨が降っていました(^^;)

とりあえず予定通りエッフェル塔へと向かうことに。

WS111220

徒歩でエッフェル塔まで向かいました。

ちょっとずつ近づいてくるエッフェル塔!

雨のエッフェル塔(縦長)

近くまで行くとさすがに大きい!

建設当時(312メートル)は世界最大の建造物だったそうで、現在はさらにサイズを伸ばして324メートルあるそうです。

WS111222

エッフェル塔のライトアップがまだだったので、近くのレストランを探して歩きました。

WS111223

ちょうど近くにフレンチレストランを発見したのでこちらで食事をとることに。

昼はお寿司だったので初の本場フレンチです(^^)

WS111224

ガイドブックをめくりながら料理の到着を待ちます(^q^)

WS111225

前菜が到着。

グリーンサラダとチキンとポテトの盛り合わせでした。中々のボリューム!

WS111226

野菜がフレッシュでおいしかったです(^^)

WS111227

こちらがメインの牛肉の煮込みにパスタをあわせた料理。

上品な味でしたが、もうちょっと味付けが強いほうが好みだったかなー。

WS111228

WS111229

デザートはキウイのタルトでした。

キウイの自然な甘みと特製ソースのバランスが良く、とても美味しかったです(^^)

ライトアップされたエッフェル塔

食事をしているうちにあたりは真っ暗になり、エッフェル塔も鮮やかにライトアップされていました!

WS111231

金色に光り輝くエッフェル塔はとてもキレイでした。

正直、写真では伝えきれません。

ライトアップされたエッフェル塔(正面)

ライトアップされたエッフェル塔を正面から撮影。

WS111233

カメラの設定を変えてもう一枚!

エッフェル塔をバックに記念撮影

もちろん、エッフェル塔を背にたくさん記念撮影をしました(^^)

WS111235

周囲は暗くエッフェル塔は明るいので、人とエッフェル塔を両方ともキレイに撮影するのは中々に大変。。。

WS111236

まだ軽く小雨がふっていたので、傘やフードで防御しています。

WS111237

歩いてライトアップされたエッフェル塔の近くまで向かいました。

下から撮影したライトアップされたエッフェル塔

本当に黄金のように光輝いています(^^)

金色に輝くようにライトの具合とかもしっかり計算されているんでしょうねえ。

黄金のようにライトアップされたエッフェル塔

美しい。

WS111240

近くでもエッフェル塔をバックに記念撮影をしました。

夜のセーヌ川

遠景のエッフェル塔を撮影するため、エッフェル塔の向かいの高台まで歩いて向かいました。

セーヌ川ではまだボートが営業中でした。

夜のエッフェル塔(高台から撮影)

エッフェル塔の向かいの高台より撮影した夜のライトアップされたエッフェル塔。

WS111243

フランスの町を照らします。

夜のエッフェル塔(遠景)

周囲に高いビル無いので、まさにこのエッフェル塔が「シンボル」として町の象徴になっていました!

これでフランス旅行初日の観光は終了。

いよいよ明日はモンサンミッシェルへのツアーに出発です(^^)

 フランス旅行記のまとめ記事はこちら

フランス旅行の大定番「ルーブル美術館」を観光!

フランスの寿司

ホテルに荷物を置き、フランス旅行の大定番

ルーブル美術館

へ向かうことにしました。上の写真はルーブル美術館に向かう途中で食べたお寿司です。

フランスで食べた寿司

これで6ユーロ。日本と比べるとコスパはかなり悪かったですが、日本食が早くも恋しくなっていたため飛びついちゃいました(^^)

WS111160

ルーブル美術館まであとすこし。

WS111161

ルーブル美術館到着!フランス語だと、「MUSEE DU LOUVRE」って書くんですね。

ルーブル美術館の外観

ルーブル美術館の外観。

写真で見たことある風景だったのでテンションが上がる。

WS111163

長い歴史を感じさせるイデタチです(^^)

ルーブル美術館の透明ピラミッド

有名な透明ピラミッドの前で写真撮影。

WS111165

両手を頭の上であわせてピラミッドを表現!

WS111166

笑顔で撮影!

WS111167

入館前くらいからやや空模様が怪しくなってきました。

WS111168

ルーブル美術館をバックに撮影!

WS111169

周囲には噴水などもあります。

ルーブル美術館の周囲で遊んでいる子供もたくさんいました。

WS111170

飲食禁止の看板も芸術的。

WS111171

ルーブル美術館の館内へ。

入り口付近のエリアはかなりモダンな感じです。

WS111172

館内は人でごったがえしています。さすがルーブル美術館!

WS111173

色々な展示物を見て周りました。

WS111174

WS111175

展示物だけでなく、それらを飾るための内装にもこだわりを感じます。

サモトラケのニケ(ルーブル美術館)

有名な「サモトラケのニケ」です!

かなり高い場所に展示されていました。

WS111177

WS111178

WS111179

WS111180

WS111181

WS111182

彫刻に絵画に、大小さまざまな展示品が飾られています。

モナリザ(ルーブル美術館)

・・・・これは!

モナ・リザ(ルーブル美術館)

まさに「誰でも知っている」絵画「モナ・リザ」がありました。

さすがに周囲は人だかりになっており、近づくだけでも一苦労でした(^^;)

警備も超厳重です!さすが!

WS111185

WS111186

WS111187

絵画の「戴冠式」を真似したポーズにて撮影。

WS111188

ワーオ。

WS111189

二階フロアの窓から広場を撮影。芝生の手入れも行き届いていますね(^^)

上が丸い変型キャンバスに描かれた大迫力の絵画

上が丸い変型キャンバスに描かれた大迫力の絵画です。

美しい白人の少女を描いた絵画

美しい白人の少女を描いた絵画。まるで本物のようなリアリティがありました。

WS111192

WS111193

WS111194

WS111195

貴族の宮殿のようなエリア。こんな所に住んだら落ち着かないなあ(^^;)

WS111196

軍隊における凄い重要な立場についていそうな人の絵画。

WS111197

サモトラケのニケ

再び「ニケ」の像を撮影。

WS111199

ねこ(=^ω^=)

WS111201

疲れたのでひと休み。

ルーブル美術館はとても広いので適度な休憩が必要です。

だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー

だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー(クルッ)

WS111214

すぐ近くまで来ていました。

WS111203

スフィンクスを撮影!

WS111204

天使に魅了された女性の彫刻かな。

WS111205

お城の模型。

そして、・・・・

 

ミロのヴィーナス(ルーブル美術館)

ミロのヴィーナスを撮影!!

周囲はさすがの人だかり。やはり他の像と比べると特別な魅力があるように感じました。

WS111207

天使のポーズを真似して撮影(^^)

WS111208

物凄い肉体美!

WS111209 WS111210

真似!

WS111211

ライオン(=^ω^=)

WS111212

最後の晩餐っぽい絵画。

WS111213

WS111216

WS111217

WS111218

最後はポーズ真似4連発!

とても楽しいルーブル美術館見学でした(^^)

 フランス旅行記のまとめ記事はこちら